ZTEはLTE、クラウドの機会を捉えて楽観的

シンガポール – 中国の通信機器メーカーZTEは、中国を中心としたネットワークのアップグレードや、モバイル機器によるクラウドコンピューティング製品の需要の高まりから、成長の機会を捉えています。

ZTEのシンガポールに本拠を置くアジア太平洋マーケティングセンターのCTOであるデービッド・アン氏によると、今年は地域のキャリアが需要に対応するために4G LTEの能力にもっと投資するため、ネットワークインフラ支出が今年勢いを増すと見込まれています。

例えば、同社は中国が4Gネットワ​​ークを構築し始めた後、より多くのビジネスを得ることを楽観視しているという。中国最大の通信事業者であるChina Mobileは先月、新しい4Gネットワ​​ークの建設に2013年に約70億ドルを投資すると発表した。同社は、独自の第3世代ネットワーク規格が一般的に国外では使用されておらず、アップル社のiPhoneのような有名な携帯電話のサポートを妨げているため、成長が減速している。

CTOは、シンガポールが、来月に施行される建物に対する最新の政府の義務で、より多くのバックホールトランスミッションギアを販売するために、より多くのビジネスチャンスを提示したと指摘した。改正された法律の下では、建物の所有者は、ベースステーションなどのインフラストラクチャの展開にレンタルフリーエリアを提供する必要があります。

「シンガポールではまだ無線機器を販売していませんが、小規模なセルソリューションでは可能性があります。

現在起こっている主要な傾向は、ZTEの役員であると言われているクラウドとLTEの存在です。

「過去5年間、通信事業者はスマートフォンの導入に注力していましたが、今年はLTEを中心にクラウドとスマートフォンについて話しています。

Anは、サービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)とサービスとしてのプラットフォーム(PaaS)の上に、特にSaaS(software-as-a-service)のクラウドコンピューティング製品を開発していると述べた。

このスペースを活用することには、2月のクラウド・ラジオ・ソリューションの発表(ネットワーク最適化のための同社の技術20本の組み合わせ)が含まれます。 ZTEのエグゼクティブは、Cloud Radioが、2G、3G、LTEネットワークの不均衡な負荷やセル間の干渉など、4Gへの移行における主要な問題をオペレータが解決できるように説明したと説明しました。現在の顧客には、日本のソフトバンク子会社WCP、インドのBharti Airtel、香港のCSLなどがあります。

4G LTEによるクラウドプッシュ

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは数十年間で考えることができます

ZTEは、2011年に20億6000万元(333百万米ドル)の純利益を戻した、昨年の28億4000万元(456百万米ドル)の会社の最初の年間損失を掲示して運命を回復しようとしている。中国企業に対する国家安全保障上の懸念、軍との関係が疑われるために、

その計画の一部には、消費者の空間へのより大きな押し込み、それ自体のブランドを携えた携帯電話の使用などがあります。水曜日に、ZTEはまた、タブレット、PC、携帯電話などのさまざまなAndroidおよびChrome OSデバイスで使用するための特許へのアクセスについて、Microsoftとの契約に署名しました。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、