USCC、Nokia、Appleがバックドアの主張に対応

今月6日、私は作った時に壊滅的な地政学的混乱について書きました。インドのミリタリーサーバーのハッキングが成功した際に発見された文書によれば、RIM、Nokia、Appleは、インド市場でのプレゼンスと引き換えに、インド軍に携帯電話のバックドアアクセスを提供していたと主張している。開発の背景

ハッカーグループDharamrajaの主権者はIndian Militaryサーバーをハッキングしたと主張しています; LoDはサーバー上でNortonのソースコードにアクセスしていると言います(エスクローアカウントである可能性が高いです)、シマンテックは第三者を通じてソースコードが侵害される可能性があることを認めていますウェブ上のUSCC表面のメンバー間の通信

RIM、Nokia、Appleの助けを借りて構築されたバックドア監視システムの存在を述べたのがこの一連の文書でした。しばらくウェブを撮りましたが、物語はいくつかのニュースアウトレットによって徐々に取り上げられました。ロイターとインドの大手新聞、Times of Indiaは関与している当事者に手を差し伸べた。

USCCスポークスマン、ジョナサン・ウェストンからロイター通信へ

当社はこれらの報告を認識しており、関係当局に問題の調査を依頼している。現時点ではさらなるコメントはできません

彼は電子メールを否定しておらず、ロイターも指摘している。 USCCが内部的に検証するまでには時間がかかります。 (私は書類に記載されているUSCCメンバーのウェブ検索を迅速に行い、USCCのメンバーとしてチェックアウトした。)

アップルのコーポレートコミュニケーション担当シニアディレクター、Alan HelyがTimes of Indiaに語った

[…]しかし、私はバックドアアクセスが提供されたことを否定することができます[…]

ノキア

同社は顧客とそのデータのプライバシーを真剣に受け止め、適用されるすべてのデータ保護法とプライバシー法を遵守することを約束します。

RIMは、この特定の事件についてのコメントを避けたアップルとノキアの代表者のように、コメントをしなかった。私はこれらの企業からの返答として何か異なることを期待していませんでした。ノキアとRIMがセキュリティ機関に何らかのアクセスを提供する可能性は確かですが、それは私に懐疑的な文書の中でアップルが言及したものです。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む