TurnKey Linux、Amazonクラウド上に64ビットサーバーアプリケーションを提供

クラウド上でLinuxサーバーをセットアップして実行するのが簡単で、簡単であれば、TurnKey Linuxを打ち負かすことはできません。 Turnkey Linuxの最新バージョンであるTurnKey 12.1は、現在、64ビットLinuxクラウド対応のアプライアンスを提供しています。

TurnKey Linuxは、64ビットDebian Squeeze 6.0.7 Linuxの上に構築されています。 Debianのパッケージ管理システムではなく、各プログラムの最新のソースコードを遵守しているアプリケーションは、64ビットアーキテクチャに移行しています。

32ビットアプリケーションを使用したい場合は、当面はTurnKeyのSourceForgeサイトから入手できます。今後のデフォルトアーキテクチャは64ビットになります。

TurnKeyの共同設立者であるLiraz Sir氏は次のように説明しています。「TurnKey 13で32ビットのサポートを廃止し、TurnKey 14で完全に段階的に廃止する予定です。つまり、すべてのアプライアンスを32ビットと64ビットの両方で構築する予定ですTurnKey 13のバージョンは32ビットと64ビットの両方のイメージフォーマットで提供される最後の主要なTurnKeyリリースである可能性が高いため、ユーザーは64ビットに移行するよう促します。

これらの各アプライアンスは、さまざまなサーバーおよびクラウドプラットフォーム上で実行できますが、Amazon Web Services(AWS)クラウドで動作するように設計されています。従来、TurnKeyアプリケーションはすべてのAWSインスタンスで動作するわけではありませんでしたが、現在はどのサイズのインスタンスでも動作します。

TurnKey Linuxアプリケーションは、AWSがデフォルトのデプロイメントプラットフォームですが、ベアメタル、仮想マシン(VM)、またはInfrastructure as a Service(IaaS)クラウドに数分で導入できます。

100を超える実行可能なアプリケーションを備えたメインストリームLinuxサーバーアプライアンスが必要な場合は、おそらくTurnKeyがそれを提供します。基本的なLinux、Apache、MySQL、PHP / Python / Perl(LAMP)スタック、WordPressブログプラットフォーム、Drupalコンテンツ管理システム(CMS)など、Ushahidiのクラウドソーシング(CRM)アプリケーションであるZurmo、および人道的対応管理システムであるSahana Edenが含まれます。

TurnKeyには新しい価格モデルもあります。新しいユーザーは、AWS MicroのインスタンスとしてTurnKeyアプリの期間限定無料試用にサインアップできます。また、Amazonの新しいクラウドアカウントは自動的にAmazonの無償利用の対象となり、毎月最大750時間のMicroサーバーの使用が可能になります。

趣味のアカウントは「Pay-per-use」に改名され、現在月額10ドルの料金がかかります。他の価格プラン、ブロンズ、以前は予算、シルバー、ゴールド、プラチナはすべて定額で課金されています。これらのサービスをAWSで使用する場合は、Amazonの料金も支払う必要があります。後者のコストは、サーバーをどれだけ使用するかによって異なります。

私はTurnKey Linuxサーバーアプライアンスを自分で使ってきました。私はそれらに感銘を受けました。彼らはうまくいき、オープンなサポートを完全にサポートしています。クラウド上でLinuxベースのサービスを稼動させるための簡単な方法はありません。

 ストーリー

クラウドソフトウェアメーカークーパ、7500万ドルの株式公開

Amazon Web Servicesはリレーショナルデータベースの価格を引き下げ、Red HatはOpenShift PaaSのビジネスクラウドを開き、Netflixは最大のクラウドアプリケーションであり、Amazon EC2クラウドはほぼ50万台のLinuxサーバで構成されています

クラウド、クラウドコンピューティングのクーパ、7500万ドルのIPO、クラウド、クラウドコンピューティングが1つずつAPI、エンタープライズソフトウェア、スイートSUSE! HPEはLinuxディストリビューションを曇らせ、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開してより敏捷性を約束

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表