Microsoftサーバーアプリケーションの仮想化を実現する方法は複数あります

今年後半に商用化が始まると、顧客がMicrosoftのサーバーアプリケーション仮想化(Server App-V)テクノロジを活用する方法は複数あります。

Microsoft Virtualization Team Blogに関する3月25日の新しいブログ記事を見るまで、私はこれを理解できませんでした。

昨年の夏、Microsoft System Center Virtual Machine Manager(SCVMM)2012製品を介してサーバーアプリケーションの仮想化を提供することをMicrosoftの役人が約束しました。これは2011年後半に出荷される予定です(Microsoftは先週、SCVMM 2012のBeta 2これにはServer App-VのBeta 2が含まれていました)。これは半分の話ですが、プライベートクラウドの半分です。

マイクロソフトでは、Windows Azureを介してパブリッククラウド形式でServer App-Vを利用できるようにする予定です。 Microsoftが2010年12月の最終日に発表したServer App-VのCommunity Technology Preview(CTP)テストビルドはパブリッククラウドバージョンです。 Azure Server App-v機能は、Windows Azure VMの役割を補完し、既存の特定のアプリケーションをAzureに移行する方法をユーザーに提供します。プライベートクラウドバージョンと同様に、Azure Server App-Vテクノロジは2011年後半に商業的にリリースされる予定です。

つまり、Server App Vは、SCVMM 2012またはWindows Azureへのアップデートの一部として利用可能になります。これは2つの異なる方法でパッケージ化された同じ技術です。

Server App-Vテクノロジは、クラウドにレガシーアプリケーションを移行させるのに役立つため、現在の潜在的なプライベートクラウドとパブリッククラウドの顧客にとって重要です。サーバーアプリケーションの仮想化は、Microsoftの既存のクライアント側のApp-V製品のように、アプリケーションを仮想コンテナにパッケージ化することができます。仮想コンテナには、自己完結型のステートレス環境として保存可能で維持可能なものがあります。 Microsoftのエグゼクティブは、過去数年間、Server App Vの可能性を語っている。

先週金曜日のVirtualization Teamのブログ記事(英語)から、MicrosoftがSCVMM 2012で仮想化するアプリケーションの種類を指定していることは注目に値する

マイクロソフトでは、ERPアプリケーションなどのビジネスアプリケーションに優先順位を付けています。デスクトップのMicrosoft Application Virtualizationと同様に、Server Application Virtualizationがサポートするアプリケーションの一覧はありません。しかし、このテクノロジの最初のリリースで最適化されたアーキテクチャ上の属性がいくつかあります。

サポートされる最初のアプリケーションのグループは、ローカルディスク、Windowsサービス、IISアプリケーション、レジストリ、COM + / DCOM、テキストベースの構成ファイル、WMIプロバイダ、SQL Serverに保存された状態Reporting Services、ローカルユーザーとグループ、Javaこれらの属性のないアプリケーションは、後のバージョンのSCVMMでサポートされる可能性があります。マイクロソフトの関係者によると、最初にサポートされないアプリケーションやアーキテクチャ上の属性には、Windowsコアコンポーネント(IIS、DHCP、DNSなど)、J2EEアプリケーションサーバー、SQL Server、およびExchange Serverの仮想化が含まれる。

クラウドソフトウェアメーカークーパ、7500万ドルの株式公開

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

クラウド、クラウドコンピューティングのクーパ、7500万ドルのIPO、クラウド、クラウドコンピューティングが1つずつAPI、エンタープライズソフトウェア、スイートSUSE! HPEはLinuxディストリビューションを曇らせ、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開してより敏捷性を約束

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表