ITインフラ全体を更新するクラウド時代の運転

業界は、ユーザーインターフェースがもはや1つのオペレーティングシステム(OS)やデバイスに属さなくなったPC後のクラウド時代、コンピューティング、ストレージ、ネットワークなどのITインフラストラクチャとアプリケーション開発フレームワークに移行しつつありますVMwareの経営幹部によると、更新する必要があるだろう。

ポール・マリッツ最高経営責任者(CEO)は、今日のエンタープライズ環境ではもはやビジネスにとって最も重要な要素ではないデスクトップ・コンピュータを超えて、ビジネスが必要と考えることを強調しました。

ますます多くのデバイスで作業が進められているとMariew氏は月曜日、VMworld 2011の基調演説でVMworld 2011を発表しました。クラウドにより、今や数十億人のユーザーとデバイスが利用されていると、インターネットに接続するデバイスの20%以上がWindows PCになります。

同氏は、このような規模では、新しいテクノロジーとITへのアプローチが必要になると述べています」と、同氏は、「サービスを展開し、新しいデータ・ファブリックを見る新しい方法を見ている」と語った。データの規模と速度が向上し、企業はカスタマイズされたデータにリアルタイムでアクセスする必要があります。

エンタープライズソフトウェア、?TechnologyOneは、農業、共同作業、現在のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか? HPEはLinuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleが9月13日にiOS 10をリリース、macOS Sierraを9月20日にリリース

Maritz氏は、クラウド時代の到来により、既存のアプリケーションや将来のアプリケーションを提供するために、コンピューティング、ストレージ、ネットワーク、オペレーションなど、ITインフラストラクチャを近代化する組織の必要性が高まると述べています。業界は、アプリケーションが非リアルタイム環境向けに書かれた時代から、誰もがリアルタイムで対応する必要がある分野に移行しています。これは、アプリケーション開発が根本的な変化を遂行しなければならないことを意味する、と彼は言った。

同氏は、エンドユーザーはいつでも、どこでも、どんなデバイスでも、アプリケーションやデータへのアクセスを期待している。

これらすべての変更は深刻なものになり、企業にとって重要な課題になるだろう、と彼は述べた。

VMware社のバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャであるクリス・ヤング氏は、2010年のタブレットやスマートフォン出荷台数がPCを上回ったことを踏まえ、メディアブリーフィングで次のように述べています。「私たちはもはや単一の場所でコンピューティングを行うことはなく、ビジネス上の問題」

同氏は、エンドユーザはいつでもどこでもアクセスしたいと望み、新しいアプリケーションが必要だと指摘した。同時に、IT部門は、コストの上昇、予算の削減、セキュリティとコンプライアンスのリスクに対処する必要があります。

VMwareのアジア太平洋地域の上級副社長兼ゼネラルマネジャーであるAndrew Dutton氏は、メディアブリーフィングで、今日のCIOは2つの主要な勢力によって推進されていると述べた。まず、既存のITインフラストラクチャの単純な複雑さが、Dutton氏によると、その有効期限が切れたことになりました。 「従来のシステムを維持するだけで、1ドル当たり80セントのコストがかかるため、ビジネスツールではなくバランスシートに負担がかかります」と同氏は述べています。

第二に、CIOは、若い専門家が今日情報を非常に異なる方法で収集し、PC構築オフィスの時代が終わった、接続されたモバイル情報中心の世界を活用する必要性を認識しています。

今週のVMwareの新製品のアップデートは、これらの要件に対応しており、仮想化されたクラウドベースのIT-as-a-a-serviceモデルに移行する能力を企業に提供しているという。

今後の製品リリース:火曜日に発表された発表には、VMware Horizo​​nの次期リリースが含まれています。これには、デバイスの種類やOSに関係なく、仮想Windowsアプリケーションのアクセス、展開、アップデートを管理する集中コンソールが含まれます。 Horizo​​n Application Managerの下にあり、これらの新機能は年末までにベータ版で利用可能になります。

ソフトウェアベンダーはまた、VMwareのデスクトップ仮想化プラットフォームであるView 5の最新バージョンを発表しました.View 5では、PCoIP(PC-over-IP)最適化コントロールが含まれ、Youngは帯域幅要件を最大75%削減できます。 View 5.0はまた、この市場セグメントのパートナーが拡張性の高いユニファイドコミュニケーション製品をプラットフォーム上で提供する道を開くユニファイドコミュニケーションだけでなく、3D表示機能もサポートします。

VMwareによると、新しいリリースは「今後数週間」にリリースされる予定だという。

View 5がデスクトップ仮想化に重点を置いているCitrixとの競争を勝ち抜いたかどうかを聞いたヤング氏は、VMwareとCitrixがこの分野の2つの主要マーケットプレイヤーとして頻繁に引用されたことに同意した。同氏は、View社が市場をリードするサーバ仮想化プラットフォームであるVMwareのvSphereと緊密に統合されているため、VMware社は後者と競合して「非常に成功」していると述べた。

「vSphereのポートフォリオの一部であるセキュリティと管理拡張を引き続き統合しています。

このベンダーはまた、VMwareハイパーバイザーに同梱されるSamsungデバイス上に、モバイル仮想化製品Horizo​​n Mobileの可用性を発表した。ヤング氏は、すでにLG携帯電話で利用可能で、ホライズンモバイルのサポートを通信事業者に拡大する計画があると述べた。

モバイル仮想化プラットフォームにより、エンドユーザーのデバイスを個人および職場に分けることができ、IT管理者はワークスペースをユーザーの携帯電話に拡張できます。これにより、完全暗号化された仮想マシンであるデバイス上のワークスペースを作成および管理したり、企業のアプリケーションを追加したり、企業のデータを電話で削除したりすることができます。同時に、彼らは従業員の「個人的な」ワークスペースとモバイルデバイスに座っているデータにアクセスすることはできません。

VMware社は以前、vFabric Data Directorを発表しました。これにより、IT管理者は、ポリシーベースの自動化により、ますます異種のデータベース環境を管理しやすくなり、セルフサービスのプロビジョニングによるアプリケーション開発プロセスを合理化することができます。

米国ラスベガスで開催されたVMworld 2011カンファレンスで報告されたウェブサイトアジアのEileen Yu氏

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする