Google Cloud Storageは、投稿されたテープ、USB、ハードドライブのバックアップ

Googleは、オフラインメディアのインポート/エクスポートという新しいサービスを開始しました。これは、Google Cloud Storageの顧客が投稿を通じてデータを送信できるようにするものです。

このサービスは、テープ、HDD、USBフラッシュドライブなどの物理メディアに関する膨大な量のデータを持つ企業や開発者、または低速または高価な接続に悩まされている顧客にとって役に立ちます。

無料で安価な個人用および小規模ビジネスのクラウドストレージがどこにでもあります。どちらがあなたのために適切かを決定する方法は次のとおりです。

このサービスは、Amazonと同様の名前のインポート/エクスポートサービスに似ています。これは2009年以来行われており、テープ以外のストレージデバイスをAWSに出荷することができます。その後、AWSはAmazon S3バケットにデータをロードしてから、ハードウェアを送り返します。

Googleは、新しいサービスに違反して、摂取プロセスを処理するサードパーティのサービスプロバイダと提携しています。このサービスは、物理的なメディアを受け取り、Google Cloud Storageに移行するアーカイブ会社、Iron Mountainを米国で開始しました。

驚くことではないが、アイアンマウンテンは、今年初めに発売されたニアラインストレージサービスのGoogleのパートナーの1つでもあり、AWSの低価格GBストレージサービスGlacierとほぼ同等です。

アイアンマウンテンは、Googleと協力して、顧客がディスクやテープを自分の場所に送信し、そこからニアラインに送信する「オフライン取り込みサービス」を開発していると語った。

しかし、Googleが今日開始した製品では、ニアラインのほかに、標準および耐久性のある可用性の低下した可用性を含むストレージクラスを選択することもできます。

サービスを使用する顧客は、データをサービスプロバイダに出荷する前にそのデータを暗号化することをお勧めします。

Googleは、暗号化されたデータは高速ネットワークを使用してGoogle Cloud Storageにアップロードされ、Iron Mountainはコンプライアンス要件を満たしているユーザーに保護管理プロセスを提供できると述べています。顧客は、ハードドライブを返送するかどうかを選択するか、またはサービスプロバイダがIron Mountainの場合、またはIron Mountainの場合は、その保管庫に格納することを選ぶことができます。

Googleによると、輸入/輸出サービスは、ヨーロッパとアジア太平洋地域で「近日発売予定」となっている。

Googleは価格を発表していないが、これはパートナーによって設定される可能性が高い。 Googleがオフラインメディアのインポート/エクスポートの製品ページで注目しているように、オンボーディングサービスプロバイダには手を加えているアプローチであり、その行動については責任を負いません。

ストレージ

NetApp、Zaloniと提携しているデータ湖の中間層システムを開始

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

クラウドストレージのチートシート:5つの企業オプションを比較すると、Google Cloud Platformはニアラインが公開されるとAmazonとの戦いを熱くし、Google Cloud Platformは新しいオンデマンドデータストレージオプションを追加します

ストレージ、NetApp、Zaloniと提携しているデータレイク向けの中間層システム、クラウド、EMCとの契約を締結したMichael Dell:「データセンター、Dellテクノロジーズのリフトオフ:Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合;ストレージ; FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズムは、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指して

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズム、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指す