Dropboxは会話力を高め、コメントを追加することを目指す

Dropboxはフィードバックをスピードアップし、より多くのユーザーにループを起こす可能性があるため、ドキュメントにコメントを追加しました。

ブログ記事では、Dropboxはビジネスユーザーからサービス全体にコメント機能を拡張していると述べた。これで、すべてのユーザーは、作成または共有されているドキュメントにコメントを付けることができます。

今や文書にコメントすることはほとんど独特です。多くのファイル共有やオフィスの生産性サービスでコメント機能が提供されています。その点で、Dropboxは追いついている。

Dropboxは、ドキュメントの周りの会話を1か所に保持し、他の人がそれを持ち込むことを可能にします。たとえば、@と名前または電子メールアドレスを入力すると、その人はDropboxを使用していなくても、コメントとドキュメントに関する電子メール通知を受け取ります。

この機能の最大の特徴は、Dropboxが口頭でユーザー数を増やすことができるということです。

Dropboxはまた電子メール通知システムを追加したので、誰かが文書にコメントしたときに最新の状態に保つことができます。 Microsoft Officeの編集機能もあり、ブラウザ内で変更が可能です。

ストレージ会社は、すぐに携帯電話にコメントを付けると付け加えた。

NetApp、Zaloniと提携しているデータ湖の中間層システムを開始

ストレージ、NetApp、Zaloniと提携しているデータレイク向けの中間層システム、クラウド、EMCとの契約を締結したMichael Dell:「データセンター、Dellテクノロジーズのリフトオフ:Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合;ストレージ; FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズムは、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指して

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズム、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指す