子どもたちはコンピュータではなく教師になる必要があるとOECD

OECD教育監督のAndreas Schleicherは、「学生の間の社会経済的な隔たりは技術によって狭められていない」と語った; OECD;期間中に任意の学校に通うと、子供たちはコンピュータで仕事をしたり、 OECDによると、この技術はすべて、私たちの子供を賢くするものではありません。実際、証拠によると反対の効果があることが示唆されています。

OECDの教育責任者、Andreas Schleicherは、学生、コンピュータ、学習:コネクションの作成を今日のところ発表しているが、学校でコンピュータを「適度に」使用する学生は、コンピュータを使う学生よりも学習成果がやや良い傾向にあるまれに、「学校でコンピュータを頻繁に使用する学生は、社会的背景や学生の人口統計を考慮した後でさえ、ほとんどの学習成果ではさらに悪化します。

それは悪化する。

学校でのITは、新興国の学生にとって強力なツールになることができますが、ハードウェアだけでなく、それ以上のものについて考える必要があります。ここでは、1つの学校が、テクノロジーが本当に差をつける方法を垣間見ることができます。

OLPCの後、教育のITは未来を持っていますか?

生徒がコンピュータを頻繁に使用するほど、結果は悪化します

また、教育のために情報通信技術(ICT)に多額の投資をした国々では、読書、数学、科学の学生の成績が大幅に向上していないことが示されています」とSchleicher氏は述べています。スキルを橋渡しすることで恩恵を受ける学生と恵まれない学生を分けることはほとんどありません。

報告書のその他の所見

Schleicher氏によると、報告書の「最も失望した発見」の1つは、「学生間の社会経済的分裂は、技術によって狭められていない、おそらく増幅されている」ということでした。

Schleicherの部署は、適切なスキルを持つ人材を育成する上で教育が果たす役割を十分に分析し、教育の支配的な知恵を覆す結果をもたらしました。

コンピュータはあまり役に立たないと彼は信じている。 「すべての子どもが読書や数学の基礎レベルのレベルに到達できるようにすることは、ハイテク機器やサービスへのアクセスを拡大または補助するよりも、デジタル世界で平等な機会を創造するために多くの努力をするようです。

しかし、「ほとんどの両親と教師」は、「学校外で平日に6時間以上オンラインで過ごす」学生が特に学校で孤独を感じると報告する危険性が高いという発見によって驚くことはないとも考えている。

毎日ではなく週に1〜2回コンピューターを使用する学生は、まれにしか使用しない方が良い成果を上げるため、少し使い方は良いことです。

報告書によると、技術に最も投資した国々は、読書、数学、科学の分野で「目立った改善はない」との見方が示されている。

Schleicherによると、「深く概念的な理解を構築し、より高次の思考を行うには集中的な教師と生徒の交流が必要であり、技術がこの貴重な人間関係から注意をそらすことがある」という解釈があります。

あなたはここで完全なレポートを見つけることができます。

参考文献

学校における必須IT教育:ドイツでの圧力が高まる

中国の韓国や上海などの高学歴の学校システムでは、学校でのコンピュータ使用率が低くなっています。

イノベーション、ブラジルと英国の技術革新協定に署名、政府:英国、英国政府全体で使用するためのサービスとしてのブロックチェーン、セキュリティー、これらの数字は、サイバー犯罪が以前考えられていたよりもはるかに大きな脅威であることを示しています。恐ろしいです:あなた自身を守るために何をすべきか

南アフリカ、25年の懲役刑に伴うサイバー犯罪法案を最初に見る

Facebook、Dropboxは新しいプロジェクト、リーダーシップを使って教育の進歩を遂げる

ブラジルと英国、技術革新協定に調印

イギリス政府全体での使用が承認されたブロックチェーン

これらの数字は、サイバー犯罪が以前考えられていたよりもはるかに大きな脅威であることを示しています

インターネットの物事のセキュリティは恐ろしいです:あなた自身を守るために何をすべきか