古い軍事洞窟で何をしていますか?それを地下のデータセンターに変換する

フィンランドでは最近、数多くのデータセンターの発表がありましたが、最新のものにはより深い紆余曲折があります。フィンランド – イスラエルのクラウドスタートアップAiber Networksは、地中海のデータセンター計画を地下に置き、フィンランド中部のタンペレにある軍用グレードの洞窟に高セキュリティ施設を建設しています。

アイバン・ネットワークスのCEO、PekkaJärveläinenは次のように述べています。「当社は、高度なセキュリティと高可用性のITサービスを専門としており、最も厳しい] Tier 4レベルのデータセンタースペース。

Google、Yandex、そしてMicrosoftはすでに、Nokiaの故郷にデータセンターを設置している。エネルギー、気候、税の面で自然な利点があるとすれば、フィンランドはデータセンターの約束地なのでしょうか?

同社のデータセンターは、政府所有のフィンランド航空会社の旧航空機製造現場に設置される予定である。このサイトは1932年にHärmälä地区に建設され、軍事基準に基づいています。地下洞窟は第二次世界大戦の後、戦争賠償の一環としてソ連に配達された重機械を建設するために使用されました。

数ヶ月前に操業を開始したAiber Networksが、1300平方メートルのデータ施設に変換したのと全く違う人生を迎えます。

同社は、データセンターの建設に2百万ユーロの資金を調達していますが、Härmäläサイト全体を使用するには、総額50百万ユーロから100百万ユーロが必要となります。

洞窟は3つのトンネルで構成されています。これらのトンネルはすべて個々のデータホールとして使用できます。合計で、洞穴は200〜300ラックに収まることができ、それぞれ50kWまでの高密度電力負荷をサポートできます。データセンターの最大容量は約4MWとなりますが、これはデータセンターの平均値です(フィンランドの最大規模のSoneraの新しいマルチテナントデータセンターの容量は30MWです)、Järveläinenはそれが十分であると信じています

Järveläinen氏は、戦略的な顧客を除いて、コロケーションを行わず、つまりレンタルラックのスペースを取らないため、非効率的なサーバーがないことを意味しています」Järveläinen氏は次のように述べています。「ラック1台当たり仮想サーバー7,000台、ラック200台、サーバー。

予想通り、Aiber Networksはセキュリティを主要な差別化要因と見なしています。 Järveläinenによると、フォールトトレラントなTier 4レベルのデータセンターは、世界的にはまれであり、政府、通信事業者、およびほとんどの場合、他の人たちの能力を借りていない大企業によって使用されています。

防御セキュリティ

Härmälä洞窟は11月初旬にオープンする予定ですが、タンペレの中央にあるより小さな地下のデータセンターのAiber Networksの家賃にすでに参加しています。 2つの機能を持つことは、セキュリティと可用性を確保するための重要な要素の1つです。

Härmäläセンターのすべてのデータは、タンペレの現在のデータセンターでリアルタイムに反映されます。 Järveläinen氏によると、Härmäläには3つのトンネルがあり、これらのトンネルはすべてリアルタイムでミラー化され、そのために3つのバックアップだけで済むようになっています」と語っています。「もちろん、最新の仮想プラットフォームとさまざまなクラウドサービス自動化ソフトウェアを使用して、

データセンターの場所を明らかにすることはセキュリティ上のリスクと見なすことができますが、軍用グレードの洞窟による保護は十分であると当社は考えています。

ノキアとの契約後、マイクロソフトはフィンランドに250百万ドルのデータセンターを約束した。だからどこにあるの?フィンランドのバルト海底ケーブルは、データセンター接続を強化するために1000万ユーロを得る; 2017年までにフィンランド最大の緑豊かなマルチテナントデータセンター

私たちは公的サービスを販売していますので、どこかの場所で場所を明らかにする必要があります。 Järveläinen氏によると、Härmäläの物理的安全は、爆発物でいっぱいのトラックでも乗り越えられないほどのレベルにありますが、タンペレには他の施設の場所は公開しません。

機密性、安全性、そして珍しい場所にかかわらず、Aiber Networksは両センターがエネルギー効率に優れていることを強調しています。 Härmäläのサイトでは、地下の場所とフィンランドの温暖な気候のおかげで、ほとんど無料の冷却が行われますが、湖水、地熱、および地域の冷却にもアクセスできます。一方、廃熱は近くの居住地域で使用することができます。

Aiber Networksは、すでに最初の国際顧客を確保し、いくつかの遠隔操作者と話し合っていると述べた。当初、同社はノルディック、イスラエル、ロシアでセキュリティを意識した顧客をターゲットにしています。後者はAiberの重要な顧客であることが期待されています。

サンクトペテルブルクのローカルネットワークにはほとんどいますが、サンクトペテルブルクまでは6ミリ秒、モスクワまでは10ミリ秒かかるので、ロシアの主要都市に簡単にサービスを提供することができます」とJärveläinen氏は言います。

IBMは、Linux、Power8、OpenPowerの新システム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「データセンター、デルタはシステムの稼働停止に$ 1億5000万ドル、データセンター、デルテクノロジーは持ちこたえます:ここでは、エンタープライズビジネスの群れであるDell、EMC

続きを読む

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合