中国のアウトソーシング市場がインドで閉鎖

アナリストによると、中国は最終的にはインドを世界のアウトソーシング勢力として置き換える可能性がある。

中国のアウトソーシング市場は、「足跡、意識と能力」という面でインドに「実質的な競争」をもたらしていると、木曜日に発表された声明で、Ovumの主任アナリスト、Jens Butlerは述べた。

インドのアウトソーシング事業における中国の台頭による可能性は、近年アナリストによって報告されている。インドの償却率の低下、インフラ整備の低下、賃金の上昇は、同国のシェアードサービスとアウトソーシング(SSO)活動の減少に寄与していると指摘している。

Tholons and Global Servicesが実施した調査では、インドは2009年に世界トップのアウトソーシング国であった。中国はトップ5に入る。

SMB、ビデオ:Millennialsを採用するための3つのヒント、エンタープライズソフトウェア、社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあり、ビッグデータ分析、ビッグデータについての汚れた小さな秘密:ジョブ、ロボティクス、深い学習と新しいアルゴリズム

バトラーは、中国とインドの競争を「終わりまでの二馬競争」と呼んだ。

アナリストらによると、両国はしばしば低コストの配送場所を持つように宣伝されており、いくつかの外国企業からの投資を誘致して操業を開始している。シドニーに拠点を置くバトラー氏は、両国とも政治経済力の世界的な中心地となっています。

バトラーは、各市場には独自の利点とトレードオフがあるため、個々の契約上の需要に基づいて各配送場所を検討する必要があると強調しました。例えば、インドの巨額のアウトソーシング・マーケティングは、中国のコスト競争力に敏感で、巨額の国内市場を開拓しようとする企業にとって魅力的なものになるでしょう。

しかし、バトラー氏は、政治的安定と政府の支援も重要だと指摘し、このような要因が「重要な役割を果たす」と付け加えた。

インドでは、自国の自由市場組織のための州主導の支援があります。中国では、製造業からサービスを含む経済に転換することを目的とした同国の5カ年計画のもと、政府は地方のアウトソーシング産業を強化するための強力な支援を行ってきた。これは、アウトソーシングセンターを支援し、オフショア地方の契約の事業税を一時的に取り除き、業界でより多くの雇用を創出することでこれを実現しました。

インドはIT以外のアウトソーシングを検討しているが、インドの主要情報技術(IT)アウトソーシング市場は中国によって脅かされる可能性があるが、国内の他の産業のアウトソーシングが増加している。

インドの法的執筆者と編集者を雇用したことによる高い執筆とコスト削減に拍車が掛かった今、2009年末には少なくとも140人の法的アウトソーシング企業がインドにあります。比較すると、2005年にはわずか40人でしたインドのコンサルティング会社ValueNotesからの報告。

バトラー氏はまた、フィリピン、南アフリカ、ラテンアメリカなどのSSO活動の2つの現在の「磁石」の代替案を提供する多数の国があることを指摘した。

「これらの地域は純粋な規模の視点から競争することはできないかもしれないが、両国の市場シェアを伸ばし続ける可能性がある」と中国がインドに行っているのと同様に結論づけた。

ビデオ:Millennialsを雇うための3つのヒント

社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあります

大きなデータについての最も汚れた小さな秘密:仕事

深い学習と新しいアルゴリズムでよりスマートなロボットを構築する