シスコは今後3年間で収益よりも早く利益を伸ばしたいと考えています

サンフランシスコ – Cisco CFOとエグゼクティブバイスプレジデントのフランクカルデロニ氏は、金曜日のゴールドマンサックステクノロジーズとインターネット会議で基調講演者を演説した。

カルデロニ氏は、シスコの基本的な財務戦略は、「今後3年間を見て、収益よりも早く収益を伸ばす」と説明した。

カルデロニ氏は、第4四半期を振り返ってみると、シスコが前年同期比11%増の115億ドルの収益を上げて「進歩している」と主張した。

製品ベースで、カルデロニ氏は、シスコのエンタープライズソリューションのいくつかの異なる技術、すなわちコラボレーション、ビデオ、クラウド、モビリティ、セキュリティを指摘しました。

シスコは、クラウドコンピューティングへの迅速な移行をサポートするために拡張ネットワークスイッチを開始し、シスコは新しいAironetワイヤレスアクセスポイントを開始し、より多くの空間ストリームを視覚化しました;ガートナー:コントロールの指揮、2012年のトレンド6つ、モバイルバンキングは、シスコ:依然としてBYODの傾向に反してIT管理者のほぼ半数

これらの分野における革新を支えているポイントは、「アーキテクチャ上のアプローチをとる」ことであり、顧客が必要とするもの、その課題、およびシスコがこうした問題にどのように対応しているかを調べることです。

たとえば、カルデロニ氏は最近のシスコの調査で、今後数年間にモビリティトラフィックが「1,200%」増加することが明らかになりました。このように、Ciscoのロードマップは、顧客の要求とシスコのバランスシートを向上させる「非常に連携」していると、Calderoni氏は結論付けました。

シスコが利益を上げる方法の一部は、脂肪の一部を削減することです。昨年、シスコは、フリップ・コンシューマー・ビデオ・カメラのブランドを不名誉に告発したが、カルデロニ氏は「そこには2つの成長点がある」と指摘した。

カルデロニ氏は、今後2〜3年の間にシスコの新製品がどこに登場するかを取り上げて、スイッチングおよびルーティング部門の成長水準が低いことを認識しました。

しかし、カルデロニ氏は、ワイヤレス、セキュリティ、データセンター、コラボレーションの各ポートフォリオを拡大することで、低成長トレンドを相殺することを指摘しました。

これらは私たちにとってより高い成長機会を持つ分野です」とCalderoni氏は述べました。

シスコはコンテナのスタートアップContainerX、イノベーション、リオオリンピックの技術遺産、インターネットの購入、シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する、ネットワーキング、シスコは最大14,000人のスタッフを雇用する:レポート

シスコ、コンテナのスタートアップコンテナを購入

リオオリンピックのハイテク遺産

シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する

シスコは、最大14,000人のスタッフを雇用しています。