シスコはフェムトセル側を示しています

シスコは英国に本拠を置くIP.access社に投資を発表した。同社は携帯電話の信号を屋内で増幅するための装置を開発している。

契約の詳細、またはシスコが同社の株式をどれだけ保有しているかは明らかにされていない。

IP.accessはフェムトセルと呼ばれるデバイスを製造し、携帯電話の信号を屋内で利用することで、より良いビル内カバレッジを提供し、ワイヤレス通信事業者にネットワークカバレッジを向上させる費用効果の高い方法を提供します。

世界中のいくつかの無線通信事業者は既にこの技術の使用を開始しています。例えばSprint Nextelは、昨年発表したAiraveフェムトセル製品の提供を開始します。

モビリティ; 400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンが安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる、iPhone、Appleの耐水iPhone 7の保証は液体のダメージをカバーしない;移動性;オーストラリアの航空会社がSamsung Galaxy Note 7を禁止する; Telcos、Telstra、Ericsson、Qualcommが1Gbpsの合計速度ライブ4Gネットワ​​ークテストで

IP.accessは、T-Mobile USA、フィリピンのスマート、オランダのTelfort(現KPN)、チェコ共和国のTelefonica O2など、複数のネットワーク事業者との提携もすでにWebサイト上で行っているとしている。

シスコがフェムトセル会社に興味を持っていることは驚くべきことではありません。伝統的に通信事業者にIPインフラストラクチャ機器を提供してきたシスコもここ数年、無線サービスを増やしています。これまでの最大の買収は、Wi-Fi市場、とりわけLinksysとAirespaceでしたが、他のワイヤレス技術にも移行しています。

9月には、無線スペクトルをより良く管理する技術を開発したCognio社を買収しましたが、10月にWiMAX機器メーカーNaviniを3億3000万ドルで買収しました。

一方、他の大規模テクノロジー企業もフェムトセル技術に関心を示しています。昨年、GoogleはUbiquisysというフェムトセル会社に未公開の金額を投資しました。

IP.accessは、後にモトローラに買収された携帯電話インフラ企業であるTTPComからスピンアウトされた1999年以来存在しています。ここ2、3年でベンチャーキャピタルから資金を調達していて、投資家の間でインテルキャピタルを数えています。

400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる

耐水iPhone 7のAppleの保証は液体の損傷をカバーしていません

オーストラリアの航空会社がSamsung Galaxy Note 7を禁止

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成