クラウド・イ・デイズ先日

クラウドソフトウェア株主(顧客ではありません!

クラウドアプリケーションソフトウェアの正当性について誰かが疑ったことは、ここ数週間安静に置かれていたはずです。クラウド・ソフトウェア製品を買収するための大規模買収戦略の一環として、OracleがRightNowを買収する際に、アプリケーション・ソフトウェアの状況は確実に変わりました。

要約しましょう

最後のものはおそらくそのリストには載っていないかもしれませんが、オラクルがクラウド、SaaS、マルチテナントを発見したことを示すとともに、そのスペースでの活動を尊重したいと考えています。彼らは、私の意見では、Salesforceが本物の競合相手であることを、今日のInforではなくSAP – Salesforce、Workdayなど、新世代のアプリケーションソフトウェアのものとして認識しています。

取得した製品のコラージュ;再作業が必要な、本当に古いクラウドソリューション;実際にはクラウド製品と呼ばれるホストされているオンデマンドソリューション。それらはサブスクリプション単位で利用可能かもしれませんが、マルチテナントではないかもしれません。

オラクルはクラウド・ソリューションを購入し続ける可能性が高い。 RightNow買収のプレスリリースからのこの引用は、

Oracleには、すでにSiebel、PeopleSoft / Vantive、および独自のE-Business SuiteのCRMアプリケーション製品ラインがあります。なぜRightNowを購入するのですか?もう1つのCRM製品ラインですか?オラクルは旧式の製品ラインを単一のコードベースに合理化し、しばらくの間完全なクラウド・マルチテナント(ラ・フュージョン)に完全に改造していない可能性があるためです。はい、彼らは約100のフュージョンアプリのロールを用意していますが、私が知る限りでは、ポートフォリオ内のすべてのアプリが完全かつ完全なパブリッククラウド、マルチテナントバージョンを持っているわけではありません。

買収により、Oracleは時間とコストのかかる研究開発の遅れなしにパブリック・クラウド/マルチテナントの世界に即座に参入することができます。したがって、より多くの買収が期待されるべきである。

この新しい時代は、

– 古い学校のオンプレミスのソフトウェアベンダーが買い物をしています。実際の真のクラウドソリューションを作成するのに10年以上を費やしていましたが、大部分はそうしませんでした。彼らは主にSOAプラットフォーム、ストールウェアおよびビジョンウェアを作成しました。今、彼らはイノベーションを

#名?

ベンダーや買収者があなたのサービスを他の製品ラインに強制的に変更するかどうか救済措置、クラウドサービスの場所センター?など。

コラボレーション:今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか; CXO; CIOには誰が影響しますか? CXO、ITエグゼクティブデッキをシャッフルするANZ銀行、データセンター、デルタがシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

#名?

#名?

#名?

#名?

#名?

– 一部のクラウドアプリケーションベンダーは1990年代後半に発売されました。これらの企業の投資家、ベンチャーキャピタリスト、経営幹部は、出口戦略や流動性イベントを探しています。これはしばらくの間、最高の機会になるかもしれません。

今後数ヶ月間にいくつかの買収戦略が出現するでしょう。

– 当初、一部の大手ベンダーはERPスイートの一部を購入します。彼らはより大きなソリューションを作るために一緒にステッチすることになります。彼らはそれを「統合された」製品として販売し、長期的な視野で「シームレス」と「付加価値」をもたらす

– 一部のベンダーは市場シェアを買いたいと考えている。彼らは規模の経済性とメンテナンス/購読料を得るために、2〜3人のHRまたはCRM製品を購入するかもしれません。

#名?

– 一部のベンダーは、偉大な特許を持つ製品を購入しようとします。彼らは、収集できる潜在的な訴訟および侵害訴訟に基づいて買収価格を決定する。

クラウドアプリケーションソリューションの顧客は、いくつかの混乱の中にあるかもしれません。新しいソフトウェア所有者が

#名?

#名?

– ソリューションを元のベンダーのデータセンターから外します。販売/使用税がある場合、法的なネクシスまたはソブリンのデータ問題が発生した場合に発生します

#名?

#名?

顧客は、今日SaaS契約を解除し、それらを厳密に読む必要があります。あなたの会社は、

システムインテグレーター(SI)、再販業者および他のチャネルパートナーは、提携戦略も再検討したいかもしれません。

今、誰が好きですか?私はこれらの企業が買収される可能性は低いように思う

– 勤務時間 – 大企業を対象とした唯一のSaaSの財務および人事ソリューションです。いくつかのHRソリューションは大企業を対象としていますが、誰も勤務日や財務に関するビジョンには近づいていません。彼らはまた、in-mの使用における他の企業よりも先行している

– SalesForce – Salesforceには、CRMプロバイダ以外にも、巨大なエコシステム、80,000以上の顧客、Force.com PaaS、VMForce、Database.comなどがあります。彼らはとても大きいので、買うのはほとんど不可能です。しかし、Oracleがそれらを購入しようとした場合、私はフロントr

– SAP Business ByDesign – 強力な設定ツールが付属するSaaS製品ライン。 SAPはそれを販売せず、後期の優位性モードにあります。また、OracleがFTCの長期的な見直しなしにSAPを購入するリスクは事実上ありません

もちろん、私は他の多くのクラウドソリューションプロバイダも好きです。ここではそのうちのいくつかを紹介します(時間とスペースがあれば10ページのリストを作成できます)

– NetSuite – 確かに、中堅市場の勢いを多く持ち、サービス市場に強い存在感を持っているベンダーのための素晴らしいプラットフォームです。

#名?

#名?

結論

#名?

– 新たな石畳のソリューションの下にPaaSが登場することについて、多くの議論が期待されます。 SalesforceとNetSuiteは完全なエコシステムとプラットフォームを持っているので輝くはずですが、購入する企業はそうではありません。買収者はママに挑戦するかもしれない

– 多くのクラウド顧客は、「結果の顧客」からクラウドベンダーへ、より大規模なメガERPベンダーの何千もの「重要でない顧客」の1つに移行することになります。

#名?

#名?

– 今買収されていないクラウドベンダーは、長く苦しい将来のためにいるかもしれません。彼らの規模と市場シェアは、おそらく何年もの間、彼らを攻撃の対象とし、より低いマージンを保ちます。

そして最後に、この活動のすべてが私にしばらくの間、書くことをたくさん与えるでしょう。

誰が次に買収されると思いますか?

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル