アップル、シスコは世界的な電子メールの令状との戦いでMicrosoftを取り戻す

アップルとシスコは、アイルランドのデータセンターに保存された電子メールを作成するように米国の令状を発出しようとするMicrosoftの試みを支持している。

AT&T、ベライゾン、電子フロンティア財団に、米連邦裁判所の挑戦、昨年12月に米国の判事判事が務めた令状に参加した。

先週の控訴で、マイクロソフトはこの令状を、連邦捜査官にダブリン施設の「扉を壊す」ことを認める裁判所に批判し、政府が海外施設の電子メールへのアクセスを望むならば、相互の法的援助条約(MLAT)。

アップルとシスコの共同ブリーフでは、「米国の法律に矛盾する国際法を正当に和解する責任を負わせる」よりも、米国とアイルランドの間のMLATに向かうべきだと主張している。

2年前のフィンランドのスタートアップは、AmazonやGoogleのような人たちを牽引し、NSAのスヌーピングが新興市場の礎を築いたと主張している。

「このプロセスとデータが保存されている国の法律を無視することによって、治安判事の分析によれば、プロバイダーとその従業員は外国の制裁を受ける大きなリスクにさらされ、米国のプロバイダー全般に対する顧客の信頼が失われる可能性がある」 。

また、米国の法律の開示禁止にもかかわらず、米国内に保存されたデータの作成を要求するために、外国の法律を使用して相反する行動をとるように外国の法執行機関に奨励しています。

4月に令状を執行した裁判官は、電子通信プライバシー法(ECPA)が、マイクロソフトに海外に保管された電子メールを引き渡すよう命令する特別な種類の令状を許可したことを説明して、Microsoftの最初の試みを打ちのめした。 “それ自体が実際に米国で起こるだろう。

シスコのCEOは、オバマNSAの「ロードステーション」がハイテク産業全体を脅かすと警告し、マイクロソフトはアイルランドのデータセンターの「扉を壊す」米国の努力に対抗している; PRISMの落ち込みは、

しかし、EFFは、アイルランドでは「差し押さえ」が起こり、不合理な捜索と差押えから保護する米国の第4次改正案が適用されるべきだと主張している。

当時判事が指摘していたように、ECPAの下でハイブリッド・ワーマントが作成され、保管された通信の開示が制限され、政府がそのようなデータを入手する方法に関する規則が設けられた。また、オンラインで保存された情報に対する第4回改正の保護の欠点に対処することも目的としていました。

簡潔に言えば、Verizonは、令状が支持されれば、「海外ビジネスを行っている米国のクラウド企業に大きな悪影響を及ぼすだろう」と述べた。

しかし、4月にMicrosoftの副総裁のDavid Howard弁護士が述べたように、同社は「現状維持」を後押ししている。

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、Linuxディストリビューションを支えるLinuxディストリビューション、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開し、CloudはIntel、Ericssonはメディア業界に重点を置くようにパートナーシップを拡大、XeroはBPay支払いのためにMacquarie Bankと提携

令状クラスに対する抵抗は、米国のクラウドプロバイダーが旧NSAの契約者のエドワードスノーデンによる漏洩による紛争に対抗していることからもたらされます。シスコのジョン・チェンバース最高責任者(CEO)は、今年初めに米国の監視と法律が、外国の顧客が購入した製品の信頼を損なうことによって米国のセクター全体を傷つけると脅迫したと警告した。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

?Xero、BPAY支払いのためにMacquarie Bankと提携