アジア太平洋:188M携帯電話ユーザー

シンガポール – 2000年第2四半期のアジア太平洋地域での携帯電話サービスの契約数は1,700万人を超え、アジア太平洋地域では携帯電話が鳴り響いていましたが、他の主要セクターの減速でもダンパーGartner Groupの一部門であるDataquest Inc.によると、モバイル加入者数は、携帯電話ユーザーの総数は2000年6月時点で188万人に増加しました。

クラウド、コネクテッド、クラウド時代にはより良いネットワークが必要クラウド、Huaweiはクラウドゴールで強気だが、スマートフォン、ZTEがクラウドソースデバイスの投票に参加、Axon 7 Miniを発表

シンガポールは、人口の携帯電話の避難所であることが証明されています。人口の約47%になる6月末の加入者数は188万人(15%増)に熱心に対応しています。この地域の成熟市場で最も高い成長率を記録したこの四半期の成長率は前回を上回り、前四半期比11%の増加となりました。ガートナーのレポートによると、StarHubはシンガポールの新加入者の3分の1を占めているシンガポールの携帯電話急増の主要な促進要因と言われています。

プリペイドサービス:標準加入者パッケージからの収入が減少しているため、事業者はより高い歩留まりパッケージを導入して損失を埋め合わせるのに苦労しています。

データクエストのアジア太平洋地域のモバイルリサーチグループのガートナーのアナリスト、ニック・インゲルブレヒト氏は、次のように述べています。「オペレーターは、平均的な加入者収益の低下を逆転させようと努力しています。 2.5Gおよび3Gの導入、今後12〜24か月間のサービス。

フィリピンは、ショートメッセージサービス(SMS)と積極的な端末補助金の導入、加入者の増加を促すプリペイドサービスの導入など、高価格のサービスプランを導入することで比較的成功を収めています。

日本では、モバイルインターネットサービスと携帯電話用の新カラーディスプレイが登場し、成長が見られたものの、第2四半期には携帯端末が加入者の成長を促進しました。

開発中の市場;モバイルデータサービスは、中国、インド、インドネシアなどの市場を発展させ、加入者の関心を惹きつけることに失敗しました。インフラストラクチャーの面では、従来の加入者の成長を目指す道がありますが、それでもまだ普及している方法です。

中国、インド、インドネシアなどの発展途上国では、モバイルデータサービスへの関心は限られていますが、従来の加入者成長のための構造改革や競争とネットワークの促進を目的とした統合、投資、 “Ingelbrecht氏は言いました。

6月末の加入者数は6,060万人に達し、セルラー加入者数の増加は中国で増加し続けました。現在のレートでは、この国は今年末までに7,600万人の加入者を通過すると予測されています。

ガートナー・データクエストのアジア太平洋携帯電話研究グループのアナリスト、アン・リャン(Ann Liang)氏は、中国のセカンドキャリアであるユニコム(Unicom)は、ネットワークカバレッジの改善、マーケティング、市場シェアの重大なレベルを表し、特に政府の政策、特に価格に関する好意的な政策を反映して、中国移動体とより平等な競争に勝つことができる国民の加入者基盤の18%を占めている。

iPhone 7のpricetagsが中国の販売を妨げる可能性がある

接続されたクラウド時代にはより良いネットワークが必要

Huaweiは雲の目標を強気にしているが、

ZTE、crowdsourcedデバイスの投票を開始、Axon 7 Miniを発表